そけい部ヘルニア除去、復帰時期は未定

日本代表FWが所属するマインツは2月28日、FWダニ・シャヒン(24)の手術が無事成功したと発表した。そけい部にヘルニアが見つかり、手術によって除去したという。

同箇所の負傷のため、シャヒンは数カ月にわたる欠場を余儀なくされていた。今季はリーグ戦3試合の出場にとどまっている。現在のところまだ軽い痛みが残っており、復帰時期に関しては未定となっている。