基金財団法人ブンデスリーガより児童世話役を任命された

バイエルンのGKが基金財団法人ブンデスリーガより児童世話役を任命された。ミュンヘンで開かれた記者会見の席でドイツ代表のGKは任命の賞状を受け取った。基金財団法人ブンデスリーガの児童育成の顔として、今後ノイアーは子供たちのためのプロジェクトをサポートしていく。

ノイアーは「基金財団法人ブンデスリーガとの共同作業で、もっと多くの子供たちともっと大きなプロジェクトを実行することが可能になります」と語った。ルール地方で育った彼には、その地域でどれだけの子供たちが助けを必要としているのかを良く知っている。さらに「できることなら、何でもやります」と笑顔で答えた。