DFB杯準々決勝の結果一覧

ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)準々決勝2日目は2月12日、各地で3試合が行われた。DFB杯は1回戦から決勝までいわゆる「一発勝負」で、90分間を経て引き分けの場合は延長(前後半各15分)となり、それでも引き分けの場合はPK戦で決着をつける。決勝は2014年5月17日にベルリン・オリンピアシュターディオンで実施する。

準々決勝の結果は次の通り。

2月11日




2月12日


レーバークーゼン 0-1 カイザースラウテルン

戦前の予想を覆し、2部カイザースラウテルンがブンデスリーガで2位につけるレーバークーゼンを倒し金星を挙げた。序盤から調子の出ないレーバークーゼンに対し、失うものがないカイザースラウテルンはきっちりと組織され安定したパフォーマンスを見せる。90分で勝負はつかず延長線に突入するが、リーグ戦での強さを発揮できないレーバークーゼンは得点を生み出せない。98分、カイザースラウテルンはPKを獲得し先制確実かと思われたが、イドリスーがまさかのミスでシュートはポスト右へ。しかし114分、粘り強く攻撃を仕掛けたカイザースラウテルンがついにゴールラインを割り、1-0で準決勝進出を決めた。


ホッフェンハイム 2-3 ウォルフスブルク

ブンデスリーガ前節を終えて6位のウォルフスブルクが、同11位のホッフェンハイムを破り4強入りを決めた。ホームのホッフェンハイムは開始から勢い良く攻め込んだが、26分に先制したのはウォルフスブルク。ホッフェンハイムも39分に同点に追いつくが、前半終了間際の44分、ウォルフスブルクが再び勝ち越しに成功する。さらに64分にも追加点を挙げるが、70分にロドリゲスがこの試合2枚目のイエローカードで退場となり、ウォルフスブルクは数的不利の状況に。ロスタイム1分にはフィルミーノにこの日2点目を決められ1点差となるが、残り時間を守り切って勝利した。


ハンブルガーSV 0-5 バイエルン

無敵王者バイエルンは、敵地でハンブルクを5-0で一蹴し、4強進出を決めた。22分にマンツキッチが先制するとその4分後にダンテが追加点を挙げ、2-0で前半を折り返す。後半も54分にロッベン、74分、76分にマンツキッチがこの試合2点目、3点目を決めると相手にまったく隙をあたえず完勝した。