9日の第20節ハノーファー戦で負傷

シャルケは2月10日、日本代表DFが右太ももの肉離れで数週間離脱すると発表した。

内田は前日のブンデスリーガ第20節ハノーファー戦に右SBで先発し、今季3アシスト目を記録。試合全体にわたりいい動きを見せていたが、87分に太ももを痛め、プレー続行が不可能となった。この時点でシャルケは3人の交代枠を使い切っていたため、新しい選手を送り込むことができなかったが、内田は試合終了を待たずにベンチへ戻った。今季これまで17試合に出場している内田だが、次節レーバークーゼン戦は確実に欠場する。

また6日から練習を休んでいた主将のDFヘーベデスも、この日に右太ももの肉離れと診断され、内田と同じく数週間戦列を離れることになる。