細貝萌のヘルタはハンブルク、乾のフランクフルトはブラウンシュバイクと対戦

ブンデスリーガ第20節2日目は2月8日、日本代表FWが所属するマインツが敵地でウォルフスブルクと対戦するほか、各地で下記の5試合が行われる。


ニュルンベルク 対 バイエルン


後半戦開幕からの連勝で久々に降格圏を脱したニュルンベルク。未勝利という屈辱を味わった前半戦では、ポストを直撃したシュート数がリーグ最多を記録するなど運に見放されていたが、ことしは状況が一転した。日本代表MFも前節終了後「今は昨年入らなかった点が入っている。ことしは運があるんじゃないかと思います」と話している。バイエルンとの前回対戦(昨年8月24日)では0-2で敗れているが、今回はどこまで持ちこたえられるかに注目が集まる。

一方のバイエルンは前節でフランクフルト戦を5-0で下し無敗記録を44試合に更新した。その強さはフランクフルトのフェー監督も 「バイエルンは次元の違うリーグでプレーしている。うちはとても太刀打ちできない」と話すほど。後半戦開始時に状態が万全ではなかったリベリ、ロッベンの2人は前節で完全復帰。リベリはしかし6日(木)にコンパートメント症候群のため手術を受けており、復帰時期は明らかにされていない。

また第17節シュトゥットガルト戦で芸術的なボレーシュートを決めたMFティアゴは、前節でもリーグ史上最多となるボールタッチ177回を記録し、今最も乗っている選手だ。今節でも何か記録を生み出すかもしれない。


ハンブルガーSV 対 ヘルタ・ベルリン


ヘルタは後半戦まさかの連敗スタート。リーグ再開前の強化試合でも勝利はなく、今季初めて壁にぶち当たっている。前節ニュルンベルク戦で清武をマークした日本代表MFは今節も先発は確実だが、7日にはCBルステンベアガーが肉離れで最低2週間欠場することが明らかになっており、その代役を務める可能性もある。攻守の中心であるMFシェルブレットは体調を崩しており、欠場する可能性があるが、その場合はロニーが代役を務める見込みだ。また、ハンブルクとの前回対戦(昨年8月24日)では、ヘルタが1-0で勝利している。

対するハンブルクはけが人が続出しており、2月3日の練習はわずか15選手で行われた。このような非常事態では当然結果を出すのも難しく、後半戦は連敗スタートとなり、冬季リーグ中断期間を挟んで5連敗中だ。特に問題となっているのはここ4戦連続で3失点している守備で、これに追い打ちをかけるかのようにエースのFWラソッガも離脱している。ブンデスリーガ創設時から1度も降格を経験したことのないハンブルクだが、前節終了後はついに自動降格となる16位に順位を落とした。ファンマルワイク監督も「5連敗は監督人生で経験したことがない」と肩を落としているが、ここからどのようにチームを再生させるか、腕の見せどころだ。


フランクフルト 対 ブラウンシュバイク


前節でバイエルンに0-5で大敗フランクフルトは今節、最下位ブラウンシュバイクとの勝利必須の試合に臨む。昨季躍進の立役者となったMFマイヤーが前々節のヘルタ戦で決勝点を決めるなど、調子を上げているのはチームにとって明るい材料だ。ブラウンシュバイクとの前回対戦(昨年8月25日)では2-0で勝利を収めている。日本代表MFは前節は出場機会がなかったが、「ここで結果を出さなければW杯もない」とフランクフルトでの活躍に闘志を燃やしている。今回もベンチから出場機会をうかがうことになりそうだ。

一方ブラウンシュバイクは後半戦初戦でブレーメンに0-0、前節はドルトムントに1-2と善戦しているが、残留に必要な勝ち点は稼ぐことができていない。即戦力として期待されている新加入のMFニールセンは前節で12.9kmを走るなどチームへの貢献度は高いが、肝心の得点がまだない。前節で長期離脱から復帰したMFホッホシャイトとともにゴールを狙う。フランクフルトが14位であるため、残留の可否に影響する重要な試合となる。


ブレーメン 対 ドルトムント


ブレーメンは前節でアウクスブルクに1-3で敗戦。唯一の得点も相手のオウンゴールによるもので、ドゥット監督は試合後「選手には後で言いたいことをはっきり言うつもり」とイラ立ちを隠し切れなかった。この試合で2度の警告を受け退場となったDFガルシアに2試合の出場停止処分が課されたことも、チームにとっては痛手だ。第18節で最下位ブラウンシュバイクを相手に勝ち点1しか取れなかったこともあり、2部との入れ替え戦に回る16位との勝ち点差は3まで縮まっている。前半戦最終節で2位レーバークーゼンに完封勝利したように、今節も下克上に期待したい。

ドルトムントは冬季リーグ中断期間に前半戦で離脱していた選手が続々と復帰し、事態が好転するかと思われた。しかしその矢先に、DFフメルスが2月4日の強化試合デュッセルドルフ戦で右足首を捻挫し、再び2週間欠場することになった。それに伴い、センターバックにはボランチが本職のMFベンダーが入る見込みだ。前節ブラウンシュバイク戦ではオバメヤンが2得点して、今季の合計得点を11に伸ばしている。ブレーメンとの前回対戦(昨年8月23日)では、本拠で1-0で辛くも勝利した。

フライブルク 対 ホッフェンハイム


前半戦を16位で終えたフライブルクは第18節レーバークーゼン戦で3-2の大金星を挙げ、後半戦における急上昇の可能性を感じさせた。しかし前節マインツ戦では0-2で敗戦し、大金星の勢いを次につなげることができなかった。豊富な運動量とタイトなプレスを武器とするフライブルクだが、6得点のFWメーメディ以外に3得点以上している選手がいないことが攻撃面での大きな課題だ。

対するホッフェンハイムは後半戦の初戦はニュルンベルクに0-4で大敗したが、前節ハンブルク戦は3-0で快勝。前半戦同様、好不調の波が大きい。新加入のハーマトはまだチームに馴染んでおらず、前節は86分から短時間の出場にとどまり、これまでの2試合でもシュート1本に終わっている。調子がいいのはMFフィルミーノで、前節は1得点1アシストの大活躍を見せた。前半戦の同カードは 3-3の引き分けだった。


ウォルフスブルク対マインツの見どころへ