第19節バイエルン戦で負傷交代

日本代表MFが所属するアイントラハト・フランクフルトは2月3日、前日に行われた第19節バイエルン戦で途中交代したGKケビン・トラップのけがは打撲と発表した。

トラップは敵地での試合で77分に負傷交代。この日の検査の結果、右足脛骨に打撲を負っていることが明らかになった。今後数日間で集中的な治療を受けることで、本拠での次節ブラウンシュバイク戦への出場もあり得るという。