敵地でレーバークーゼンに1-2

ブンデスリーガ第19節2日目は2月1日、日本代表FWが所属するマインツが本拠でフライブルクと対戦したほか、下記の5試合が行われた。

先制実らず逆転許す


レーバークーゼン 2-1 シュトゥットガルト
この試合の公式データへ

日本代表DFの所属するシュトゥットガルトは敵地で上位レーバークーゼンと対戦し、先制しながらも逆転され黒星となった。1月29日の第17節バイエルン戦で腰を痛めて途中交代となった酒井は出場が危ぶまれていたが、右サイドバックでフル出場した。シュトゥットガルトは12分、ラウシュが蹴ったCKからのこぼれ球をライトナーが20mから蹴り込んで先制。しかし26分には昨季得点王のキースリングに決められ、同点に追いつかれる。

1-1で迎えた後半、シュトゥットガルトはペースをつかめず、なかなか好機を作り出せない。後半中盤を過ぎるとどちらもミスが目立つようになり、追加点のないまま時間が過ぎていく。均衡が破られたのは84分。デルディヨクのゴールでシュトゥットガルトは逆転を許し、そのまま試合は終了。リーグ戦4連敗、3試合連続の逆転負けとなった。

シャルケ、CL出場権争いで一歩リード


シャルケ 2-1 ウォルフスブルク
この試合の公式データへ

日本代表DFのシャルケ本拠でウォルフスブルクと対戦した。内田は警告累積により出場停止となった。開始9分にサンタナのゴールで1-0としたシャルケだが、20分過ぎからはウォルフスブルクの激しい攻撃の前に防戦一方となる。35分にはあわや失点のピンチ。ここを乗り切るとかろうじて1点リードで後半を迎える。50分、ウォルフスブルクMFカリジュリが一発レッドで退場となり、数的優位の状況となるがこれを生かせず65分には失点を喫し、1-1とされてしまう。しかし81分にはボアテングが勝ち越し弾で2-1。そのまま逃げ切りに成功すると4位浮上を果たした。

ハノーファー、連勝スタート


ハノーファー 3-1 メンヘングラートバッハ
この試合の公式データへ

日本代表DFが所属するハノーファーは、酒井宏が累積警告で出場停止となったため、1月30日に加入したばかりのライトラルを早速右SBで先発起用。前半は上位メンヘングラートバッハに押される展開となるが、コンパクトな守備と素早いカウンターで対応した。

前半を0-0で終え、ついに試合が動いたのは57分。MFフスティのクロスをFWルドネフスが頭で押し込み、2試合連続ゴールを果たす。フスティは82分にもFWジュフの追加点をアシスト。これで2-0としたハノーファーは直後に1点を返されるが、90分にジュフが自身のこの試合2点目となるダメ押しゴールを決め、後半戦は連勝スタートを果たした。

アウクスブルク、7戦負けなし


アウクスブルク 3-1 ブレーメン
この試合の公式データへ

開始3分、アウクスブルクはDFカルゼンブラッカーのオウンゴールで0-1とリードを許す。しかし11分にFWウェアナーのゴールで同点に追いつく。前半ロスタイム2分にはブレーメンDFガルシアがこの試合2枚目のイエローカードで退場処分となり、アウクスブルクは数的優位に。さらに50分、アルティントップが今季6得点目で2-1と逆転する。さらに5分後にはハーンが決めて3-1。その後はどちらもゴールはなく、アウクスブルクが勝利した。

ハンブルガーSV、降格圏へ転落


ホッフェンハイム 3-0 ハンブルガーSV
この試合の公式データへ

前節でそれまで今季未勝利だったニュルンベルクに大敗したホッフェンハイムは、今節は開始4分にMFフィルミーノがゴールを決め、幸先よく先制する。さらに44分にCKからDFズューレが追加点を奪い、前半は2-0で終了。ホッフェンハイムは後半もDFベックのダメ押し点で点差を広げ、3-0で快勝した。ハンブルガーSVはシャルケに敗れた前節に続き連敗となり、2部との入れ替え戦に回る16位に順位を落とした。