チームはザールブリュッケンに快勝

日本代表FWが所属するマインツは1月19日、DF石原卓のザールブリュッケン(3部)と強化試合を行い、3-0で勝利した。岡崎は1トップで先発、82分までプレーし、チーム3点目を決めた。石原は4-4-2の左MFで先発、82分までプレーした。

試合は終始マインツペースで進み、5分にトップ下で出場のマリが早くも先制点を奪う。マリは22分にも絶妙なスルーパスでMFミュラーのチーム2点目をアシスト。ダメ押しの3点目は65分、岡崎が相手GKの判断ミスを突き、無人のゴールに流し込んだ。マインツに今冬加入したGKクレシッチ(フル出場)とMF具(60分から途中出場)は実戦デビュー。マインツは強化試合を3連勝で終え、いい流れで25日の第18節シュトゥットガルト戦を迎える。