フェネルバフチェSKとの強化試合

日本代表DFが所属するハノーファーは1月16日、合宿地のトルコでフェネルバフチェSK(トルコ)と強化試合を行い、1-2で敗戦した。酒井宏は出場しなかった。

現在トルコ1部で首位を走るフェネルバフチェSKは、ハノーファーのコルクト新監督が1995年~2000年までプレーした古巣。ハノーファーは28分にFWジュフのゴールで先制したものの、63分に追いつかれ1-1で終盤を迎える。試合はこのまま引き分けで終わるかと思われたが、ハノーファーは後半ロスタイムにハンドでPK献上。5000人の観客が見守る中、逆転弾がゴールネットを揺らし、ハノーファーはことしの強化試合2戦目で1-2の敗戦を喫した。