ニュルンベルク、14日の強化試合で負傷

日本代表MFと同MFが所属するニュルンベルクは1月15日、長谷部が外側半月板損傷で4~6週間離脱すると発表した。

長谷部は14日にマルベーリャ(スペイン)で行われた強化試合ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)戦に先発し、右ひざを捻った。15日のMRI検査で外側半月板の損傷と診断され、16日にニュルンベルクへ戻ることが決まっている。手術が必要になるかは、明らかになっていない。