ゲッツェ、ミュラー、ティアゴがそれぞれ2得点

バイエルンは1月13日、クウェートでアル・クウェート(クウェート)と強化試合を行い、8-0で快勝した。

アル・クウェートは昨季AFC杯の覇者で国内リーグでも優勝したクウェートの強豪。バイエルンはリベリ、ラーム、ノイアーがFIFAバロンドール授賞式出席のため欠場し、序盤は相手の素早いカウンターに対応しきれない場面が見られた。しかし31分にピサロのゴールで先制した後は、バイエルンの一方的な展開となる。

1点リードで迎えた後半は投入されて間もないグリーンの得点を皮切りに、同じく後半から出場のゲッツェ、ミュラー、ティアゴがそれぞれ2点ずつ奪い、8-0で大勝。アル・メイレフ(スーダン)戦に続いて連勝となった。