強化試合、細貝は後半組で出場

日本代表MFが所属するヘルタ・ベルリンは1月11日、ベレク(トルコ)でFCアーラウ(スイス)と強化試合を行い、1-1で引き分けた。細貝は後半組で出場した。

ヘルタは33分、MFロニーが16mからのミドルシュートを決めて先制。1点リードで迎えた後半は全選手が入れ替えられ、細貝がピッチに立ったほか、新加入のGKヤルステインが実戦デビューを果たす。追加点の欲しいヘルタはチャンスを作りながらも決められず、逆に78分にセットプレーから失点。同点のまま試合終了となり、ことしの初試合を勝利で飾ることはできなかった。