内田のシャルケ、乾のフランクフルトに逆転勝利

日本代表MFが所属するフランクフルトと同DFのシャルケは1月11日、アブダビ(アラブ首長国連邦)で強化試合を行い、シャルケが3-2で勝利した。日本人の両選手はともに先発し、乾は左MFで前半のみ、内田は右SBで70分までプレー。いずれも得点はなかった。

フランクフルトは18分にMFローゼンタールの得点で先制するが、44分にシャルケのファルファンに得点を許し、前半は1-1で折り返す。フランクフルトは後半開始直後にもFWホセルの追加点でリードする展開となるが、それ以降はシャルケの流れとなり、56分にボアテングが同点弾、そして65分にはファルファンが逆転弾となるこの日の自身2点目を決め、シャルケが逆転勝利を収めた。