強化試合 MFグリーン、FWピサロが得点

バイエルンは1月9日、合宿地ドーハ(カタール)でアル・メイレフ(スーダン)とことし初の強化試合を行い、2-0で勝った。

ドイツ人のクリューガー監督が率いるアル・メイレフは、昨季のスーダン王者。バイエルンが序盤から主導権を握る展開となったが、13分にシャキリ、14分にリベリが決定機で外し、35分にようやくグリーンがミドルシュートで均衡を破った。後半はGKシュターケを除いて全選手が入れ替わり、53分にピサロが追加点を決めた。