シュミット監督「順応に時間かかりそう」

ブンデスリーガ2部のコトブスは1月7日、テスト生として練習に参加していたアルビレックス新潟のMF田中亜土夢の獲得を見送る方針を明らかにした。

田中は今月3日から練習に参加しており、コトブスは同31日までの移籍期間内での獲得も視野に入れていた。今回の決断についてシュミット監督は「田中は性格が良く、選手としても高い能力を備えているが、順応には時間がかかりそう。残念ながら今のうちにはその時間がなく、そのため獲得を見送ることにした」と述べた。今後も田中のプレー視察は続けるという。