風邪や負傷で4選手が不参加

日本代表MFのアイントラハト・フランクフルトは1月7日、2013/14シーズン後半戦へ向けて練習を開始した。

この日は本拠地の練習場でウォーミングアップ、パス回し、長距走など約90分間のメニューが行われた。体調を崩しているDFカルロス・サンブラーノ、DFバスティアン・オチプカは練習に参加しなかったが、合宿には参加する予定。一方、負傷中のソニー・キッテルとシュテファノ・ツェロッツィはフランクフルトに残ることが決まっている。

チームは8日、合宿地アブダビ(アラブ首長国連邦)へ向けて出発する。