マイヤーも6日の強化試合で負傷

日本代表DFが所属するシャルケは1月6日、DFヤン・キルヒホフが2週間離脱すると発表した。

キルヒホフは前日の練習で右足首を捻り、じん帯の部分断裂と診断された。治療のため7日にドイツへ帰国する。またMFマックス・マイヤーも6日に行われたアル・ガラファ(カタール)との強化試合で筋肉を傷め、途中交代を余儀なくされた。詳しいけがの状態は明らかになっていない。