コルクト新監督の下で初練習

日本代表DFが所属するハノーファーは1月5日、2013/14シーズン後半戦へ向けた練習を開始した。

昨年12月31日に就任が決まったタイフン・コルクト新監督が初めて指揮を執り、ユーレン・マーザック新コーチも参加した。欠席したのはDFマヌエル・シュミーデバッハ(捻挫)とFWマム・ジュフ(理由不明)の2名。スポーツディレクターのディアク・ドゥーフナー氏はジュフの不参加について「事前に話はなかったし、理由はわからない」と不快感を示した。

9日からベレク(トルコ)にて冬季合宿が行われ、強化試合は現時点で2試合が予定されており、12日にヘルタ・ベルリン、16日にFCルビンカザン(ロシア)と対戦する。

後半戦の初戦は、1月25日にアウェーでウォルフスブルクと対戦する。