アオゴ、ヘーガー含む延べ4名が帯同せず

日本代表DFが所属するシャルケは1月2日、FWとMFが3日からの冬季合宿(ドーハ/カタール)に帯同しないことを発表した。

フンテラーは12月23日の検査で、手術を受けた右ひざは順調に回復していることが明らかになった。しかしリハビリ効果への影響を考慮し、合宿不参加という判断が下された。後半戦序盤での復帰を目指し、ゲルゼンキルヘンのリハビリセンターで個人メニューを続行する。

また、今夏でシャルケとの契約が切れるジョーンズも今後の去就を決断するため、今回の合宿には同行しない。十字じん帯断裂で離脱しているDFデニス・アオゴとMFマーコ・ヘーガーもゲルゼンキルヘンに残り、延べ4名が合宿不参加となる。