オンライン投票結果発表、1位はサミ・アラギ

マインツに所属する日本代表FWは、ブンデスリーガ公式サイトドイツ語版ユーザー投票による第17節ブンデスリーガMVP選で、全票数の21.65%を獲得し第2位となった。同サイトが12月25日に発表した。

岡崎は第17節のハンブルガーSV戦で2得点1アシストの活躍。チームを逆転勝利に導き、MVPの候補となった。すべての結果は次の通り。

第1位 29.75% (ヘルタ・ベルリン
第2位 岡崎慎司 21.65% (マインツ)
第3位 16.37% (ブレーメン
第4位 16.25% (フライブルク
第5位 8.78% (ウォルフスブルク
第6位 7.21% (ニュルンベルク