2得点1アシストの第17節ハンブルク戦インタビュー

日本代表FWのマインツは、12月21日に敵地で行われたハンブルガーSV戦で2度のビハインドから逆転勝利を収めた。岡崎は1度目の同点弾を挙げ、逆転ゴールをアシスト。さらに試合を決定づける3点目を後半ロスタイムに決め、チームの全3得点に絡む大活躍で勝利を呼び込んだ。試合後、岡崎がインタビューに答え、うれしい心境を語った。


――きょうはブンデスリーガ移籍以来最高の日になったのでは?

岡崎 いや本当に厳しい試合でしたけど、チームのみんなが走り切ったから最後のゴールは生まれたと思うんで。みんなで勝てて、きょうは本当に素晴らしい一日になりました。

――1点目を決めたことによって、気持ち的に楽になった?

岡崎 前半にゴールを外してたんで、後半の最初に決められたのは本当に大きかったし、その後にアシストできて、3点目が取れたのも1点目のおかげだったかなと思います。

――マインツは徐々に調子を上げてきているが、このタイミングで中断期間に入るのは残念なのでは?

岡崎 前半戦の最初もあまりうまくいかないことがあったけど、ここまでチームが持ち直していい形で後半戦につなげられたので、この調子で後半戦もいければ、上位争いも可能だと思います。

――マインツの調子は後半戦でもっと上がる?

岡崎 やっぱり前半戦苦しんだ分、前半戦の最後にはいい形が多く出たんで、その形をもっと強化して、しっかり準備してサッカーできるように頑張りたいです。

――欧州リーグ出場も夢ではない?

岡崎 やっぱりヨーロッパリーグ圏内には行きたいなと思うし、できればチャンピオンズリーグ圏内も行きたいと思います。


ハンブルガーSV対マインツの試合記事へ
マインツ岡崎、今季3度目のMOM選出