第17節ではウォルフスブルクと対戦

ブンデスリーガ第17節最終日は12月22日、メンヘングラートバッハウォルフスブルクの一戦で幕を閉じる。なお、シュトゥットガルトバイエルンは、バイエルンがのFIFAクラブW杯参加のため、2014年1月29日に延期となっている。


メンヘングラートバッハ 対 ウォルフスブルク


今シーズン前半戦を締めくくる一戦は、好調同士の2チームが激突する。メンヘングラートバッハは7試合負けなしで、今季は本拠8戦全勝と圧倒的な強さを誇っている。さらにここ7戦で喫した失点はリーグ最少のわずか3。その守備力の高さは折り紙つきだ。攻撃ではラファエルとクルーゼの2枚看板が今シーズンそれぞれ8ゴールを挙げており、得点王ランキングトップ10入りを果たしている。攻守ともに持ち前の堅実なプレーで勝利を飾り、すっきりと後半戦につなげたいところだろう。

ウォルフスブルクはここ8戦無敗、前節ではシュトゥットガルトに3-1で完勝した。今節の相手メンヘングラートバッハは、第16節を終えて順位の並ぶ強敵だ。順位浮上のためには4点差以上をつけての勝利が求められ、かなり厳しい条件となるが、点差はともかく勝てば3連勝で前半戦を終了する。しかし今季のウォルフスブルクはアウェーでは勝ち点10しか獲得できていない。ホーム無敗のメンヘングラートバッハを切り崩すのは容易ではないだろう。


シュトゥットガルト 対 バイエルン


※2014年1月29日20時開始