阿部は出場機会なし

ブンデスリーガ2部第18節初日は12月13日、各地で3試合が行われ、FWが所属するアーレンは本拠でザントハウゼンと0-0で引き分けた。阿部はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

アーレン 0-0 ザントハウゼン


前節でパーダーボルンに敗れたアーレンは、ホームでの連敗は避けたいところ。前半はカウンターから得点を狙うザントハウゼンに対し、守備的な試合運びをみせる。静かな立ち上がりから10分にザントハウゼンのMFクノルに強烈なミドルシュートを打たれるが、GKフェイジッチが好セーブで失点を防いだ。

0-0で迎えた後半はアーレンが攻勢に出る。51分にレヒライターがスルーパスで抜け出し、ペナルティエリア内で右足を振り抜くが、GKリーマンの好セーブに遭う。57分、62分にはユングラスが絶好機を迎えるも、ここでも得点には至らず。

アーレンは中盤からは完全に主導権をにぎり、82分にはレヒライターが再び絶好のポジションからシュート。惜しくもシュートは相手選手にブロックされ、さらにこぼれ球に走り込んだシディマールも届かず。後半に作り出した再三のチャンスを生かし切れずに、引き分けに甘んじた。