シャルケ CL最終節バーゼル戦の前日会見から

日本代表DFが所属するシャルケは12月11日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ最終節で本拠にバーゼル(スイス)を迎える。試合前日の記者会見でケラー監督は以下のように意気込みを語った。

「ペース配分が重要になる。90分で1ゴールできればいいし、バーゼルに対してあまり攻撃的に臨むのは正しくない。いろいろ言われているが、自分はチームのことに集中するだけで、他のことにエネルギーを費やすつもりはない。明日は重要な一戦になる」。

「監督としての自分の仕事は、ミスを最小限に減らすこと。それに対しては責任を取らなければない。ことしは何度か窮地を救うような勝利を挙げることができた。今回もそうなればいい。どんな試合でも結果、勝ち点を求めていく」。

「チームには相手の強み、弱みを見せて、自分たちがどう戦うかを説明する。バーゼルに対しては、すでに勝てることを証明した。バーゼルではいいサッカーができたので、今回はここで同じサッカーをみせたい。バーゼルが他のチームとどう戦ったかは見ないつもり」


CL最終節の展望記事へ