バイエルン CL最終節マンチェスター・シティ戦の前日会見から

バイエルンは12月10日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ最終節で本拠にマンチェスター・シティ(イングランド)を迎える。試合前日の記者会見でグアルディオラ監督は以下のように意気込みを語った。

「最大の目標は決勝トーナメント進出だった。明日の試合では、2つ目の目標であったグループステージの首位通過を達成することが可能。選手たちがこの試合の重要性をしっかりと分かってくれていれば、私としてはうれしい。マンチェスター・シティは素晴らしい選手の集まりで、いつでも得点チャンスを作り出すことができる。それでも、ウチが自分たちのサッカーさえできれば、勝機は十分にある。グループ2位で満足するつもりはない」。

「チームはまだまだ良くなる可能性を秘めている。記録の達成はいいことだが、他にも重要なことがたくさんある。例えば、ボールを失った後の対応は改善が可能。勝ち点18を目指したい。マンチェスター・シティは個の能力が高いチームだが、グループステージの首位になるためには3ゴール差で勝たないといけない。ウチの調子が悪ければ、それは十分あり得る。明日の試合が楽しみ」。

「ブレーメン戦では勝つことができたが、明日は難しい試合になると思う。ウチが必要とするスペースを相手は与えてくれないだろうし、集中して臨む必要がある」。


CL最終節の展望記事へ