国際サッカー連盟(FIFA)が発表

国際サッカー連盟(FIFA)は12月9日、FIFA/FIFPro年間ベストイレブン各部門の候補者計55名すべてを発表した。ブンデスリーガからはバイエルン9選手、ドルトムント3選手の12選手が候補入りした。バイエルンのフランス代表MFフランク・リベリは、FIFAが選ぶ2013年世界年間最優秀選手の最終候補にも同時にノミネートされた。両タイトルの受賞者が発表されるのは2014年1月13日。

なお、年間最優秀監督最終候補には、バイエルン前監督のユップ・ハインケス氏およびドルトムント現監督のユルゲン・クロップ氏が、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)前監督のアレックス・ファーガソン氏とともにノミネートされている。

ブンデスリーガ所属選手でベストイレブン候補入りを果たしたのは下記の通り。

GK部門候補者


マヌエル・ノイアー(ドイツ国籍、バイエルン/ドイツ)

DF部門候補者


ダビド・アラバ(オーストリア国籍、バイエルン)
ジェローム・ボアテング(ドイツ国籍、バイエルン)
ダンテ(ブラジル国籍、バイエルン)
マッツ・フメルス(ドイツ国籍、ドルトムント)
フィリップ・ラーム(ドイツ国籍、バイエルン)

MF部門候補者


マーコ・ロイス(ドイツ国籍、ドルトムント)
フランク・リベリ(フランス国籍、バイエルン)
アリエン・ロッベン(オランダ国籍、バイエルン)
バスティアン・シュバインシュタイガー(ドイツ国籍、バイエルン)

FW部門候補者


ロベルト・レバンドフスキ(ポーランド国籍、ドルトムント)
マリオ・マンツキッチ(クロアチア国籍、バイエルン)