CLグループステージ第5節で負傷交代

昨季3冠王者バイエルン主将のドイツ代表DFフィリップ・ラームが、4日のDFB杯3回戦アウクスブルク戦を欠場することが12月2日に分かった。

この日行われた前日会見で、ペップ・グアルディオラ監督が「ラームは出場できない」と、明らかにした。ラームは11月27日に行われた欧州チャンピオンズリーグのグループステージ第5節CSKAモスクワ(ロシア)戦で右太もも裏側を痛めて交代、前節ブラウンシュバイク戦は欠場した。また、フランス代表MFフランク・リベリは肋骨のひびのため出場は微妙な状態という。