バイエルンのノイアーが候補入り

バイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(27)がFIFA/FIFPro年間ベストイレブンの候補に選出されたことが12月3日、分かった。国際サッカー連盟(FIFA)は、12月9日までに全部門の候補者延べ55名を公表するとしている。

ノイアーはFIFAが選ぶ2013年世界年間最優秀選手の候補にも挙がっている。両タイトルの受賞者が発表されるのは2014年1月13日。世界年間最優秀選手に関しては、12月9日に候補者が3名まで絞り込まれる。昨年のFIFA/FIFPro年間ベストイレブンにはドイツ人選手は選出されなかった。


GK部門候補者:

ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア国籍、ユヴェントス/イタリア)
イケル・カシージャス(スペイン国籍、レアルマドリード/スペイン)
ペトル・チェフ(チェコ国籍、チェルシー/イングランド)
マヌエル・ノイアー(ドイツ国籍、バイエルン/ドイツ)
ビクトール・バルデス(スペイン国籍、バルセロナ/スペイン)