12月3日のDFB杯16強戦欠場も

ブンデスリーガおよびDFB杯奪還を狙うドルトムントMFスベン・ベンダーが、11月30日に行われた第14節マインツ戦で負傷し次週火曜のDFB杯ベスト16ザールブリュッケン(3部リーグ戦)出場は微妙な状態であると分かった。

ベンダーはこの日、敵地でのマインツ戦に先発出場し、26日のCLグループステージ第5節で負った鼻骨骨折も治らないままプレーしていたが、32分に太ももの筋肉を痛めたため交代となった。

クロップ監督はこの日の試合後、DFマヌエル・フリードリヒが太もも、MFヤクブ・ブワシュチコフスキは腰、マーコ・ロイスはふくらはぎ、そしてヌリ・シャヒンも太ももを痛めたことを明かした。