チーム状況を考慮、クラブ幹部により決定

ブンデスリーガ2部のデュッセルドルフは11月30日、マイク・ビュスケンス監督の解任を発表した。この日午前、クラブ幹部による話し合いが行われ、現在のチーム状況などを考慮し決断に踏み切ったという。後任については明らかにされていない。

デュッセルドルフは29日の第16節カールスルーエ戦に0-2で敗れて連敗、今季ここまで5勝7敗4分で下位に沈んでいる。