早ければ12月3日のDFBカップ3回戦に出場

ハンブルガーSVの主将が、当初の予想よりも早く復帰する可能性が出てきた。

オランダ代表の同選手は11月19日、コロンビアとの国際親善試合で足首のじん帯を負傷、全治4週間と診断された。しかし予想以上の早さで回復し、スポーツディレクターのクロイツァー氏も「足の具合いはいいし、どんどん回復している。きっと12月3日のDFBカップのケルン戦には間に合うだろう」と喜ぶ。今季6得点6アシストと絶好調のファンデアファートの早期復帰は、チームにとってはうれしいニュースだ。