ヘルタはレーバークーゼンに惜敗

ブンデスリーガ第13節2日目は11月23日、日本代表MFのアイントラハト・フランクフルトと同DFのシャルケによる日本人対決、バイエルンドルトムントの直接対決のほか、下記の4試合が行われた。


ニュルンベルク、初勝利逃す


ニュルンベルク 1-1 ウォルフスブルク
この試合の公式データへ

日本代表MFとのニュルンベルクは、本拠でウォルフスブルクに1−1で引き分け、またもシーズン初勝利を逃す結果となった。

長谷部はボランチでフル出場、清武はトップ下で先発し64分までプレーしたが、得点には絡まなかった。ニュルンベルクは徐々に調子を上げてきたウォルフスブルクに対し、39分についに失点すると、0-1で前半を終了する。しかし後半に入ると勢いを取り戻し、果敢に攻撃を仕掛けていく。72分にはMFギンツェックが同点弾となるゴールを決めるも、反撃はここまで。その後はウォルフスブルクの攻撃をなんとか抑えるのが精いっぱいで、追加点はないまま試合終了となった。


ヘルタは惜敗


ヘルタ・ベルリン 0-1 レーバークーゼン
この試合の公式データへ

日本代表MF ヘルタ・ベルリンレーバークーゼン