股関節付近の筋肉負傷

日本代表DFが所属するシュトゥットガルトは11月11日、DFアルテュル・ボカ(30)の離脱を発表した。

ボカは股関節付近の筋肉を痛め、10日のブンデスリーガ第12節フライブルク戦を欠場していた。その代役として左サイドバックで今節出場したコンスタンティン・ラウシュも試合中にけがを負い、途中交代を余儀なくされた。詳しい診断結果はまだ明らかになっていない。