第12節ウォルフスブルク戦で右ひざ負傷

ドルトムントは11月9日、DFが右ひざの後十字じん帯および内側側副じん帯を断裂し、全治約6か月の診断を受けたと発表した。

ズボティッチは同日の第12節ウォルフスブルク戦でFWオリッチと競り合った際に負傷し、途中交代を余儀なくされた。今季絶望とみられているが、本人は「心配は無用。さらに強くなって帰ってくる」と談話を発表している。