敵地で元指揮官率いるインゴルシュタットに敗れる

ブンデスリーガ2部第14節初日は11月8日、各地で3試合が行われ、FWの所属するアーレンは敵地でインゴルシュタットに敗れた。阿部はベンチ入りしたが出場機会はなかった。

インゴルシュタット 2-0 アーレン


この試合の公式データへ

アーレンは前節を終えて6位と上位につける。一方のインゴルシュタットは第8節以降は最下位から抜け出せずにいるものの、先月初旬の監督交代以降は1勝1敗2分と復調の兆しを見せている。その新監督は、昨季まで2年半アーレンを率い、4部から2部までチームを引き上げたラルフ・ハーゼンヒュットル氏。アーレンにとっては成長を遂げた姿を見せたいところだ。しかしアーレンは前半序盤からペースを握ることができず、20分にはカイユビに決められ先制を許す。後半も51分に追加点を挙げられるとリードを広げられ、そのまま点を返せず敗戦を喫した。