第11節アウクスブルク戦で退場処分

ドイツサッカー連盟(DFB)は11月5日、日本代表FWのマインツGKクリスティアン・ベトクロを3試合の出場停止処分とすることを発表した。

ベトクロは3日に敵地で行われた第11節アウクスブルク戦でファウルを犯し、レッドカードにより一発退場となった。昨シーズンのハノーファー戦でもハンドによって一発退場となった経緯があるために、重い処分が下されたと見られている。