2014年2月末で

FWの所属するアーレンは11月1日、ベアントウルリヒ・ショルツ社長(74)が2014年2月末をもって退任することを明らかにした。ショルツ社長は今季開幕前、600万ユーロの個人投資によって、ブンデスリーガ2部からの降格危機にさらされていたクラブを救っていた。

クラブにとっては再び経済的な転機とになる。ショルツ社長は「継続的に何百万ユーロもの寄与をしながらクラブを支援することは難しい。クラブはいつかは自立しなくてはならない」と、10月31日に行われたクラブ総会にて述べた。退任の理由としては、年齢を挙げている。しかし2014年3月以降も監査役会には留まる意向だという。