11月中旬のリーグ中断期間

日本代表DF酒井高徳が所属するシュトゥットガルトは10月31日、11月中旬の各国代表戦のためのリーグ中断期間に、ブンデスリーガ2部1860ミュンヘンと強化試合を行うことを発表した。

ルーマニア代表MFアレクサンドル・マクシム、コートジボワール代表DFアルテュル・ボカ、チュニジア代表DFカリム・アギはこの期間、W杯ブラジル大会本戦出場をかけてプレーオフに臨む。強化試合はその他の代表戦に出場しない選手が実戦を行えるようにとの意図で、11月15日(金)にグンデルフィンガー・シュバーベンシュターディオンで実施される。