次節シュトゥットガルト戦から出場の見込み

ドルトムントは10月30日、主将のMFゼバスティアン・ケールの復帰を明らかにした。

ケールは足首じん帯のけがで6週間離脱していたが、すでにチームとともにすべての練習メニューをこなしており、次節シュトゥットガルト戦に出場する見込みだ。また、長期欠場中のイルカイ・ギュンドアンとルカシュ・ピシュチェクも順調に回復しているという。