上位フュルトに6失点喫す

ブンデスリーガ2部第13節は11月2日、各地で2試合が行われた。DFが所属するアウエはホームで上位フュルトに6点を奪われての大敗を喫した。石原は81分から途中出場した。

アウエ 2-6 フュルト


この試合の公式データへ

調子も順位も上下の激しいアウエは前節、ウニオン・ベルリンに敗戦を喫しており、連敗は避けたい。しかし今節本拠に迎えたのは上位フュルト。試合は序盤から完全にペースを握られる展開となり、まずは5分にペッツォーニのパスミスからフュルクルークに決められ、先制を許す。さらに8分、17分にもそのフュルクルークにゴールを奪われると、あっという間に3点差とされてしまう。しかし25分、エースFWジルベストルがCKをヘッドでファーへ流し込むと1点を返すことに成功する。前半終盤、勢いを取り戻したアウエは激しく攻め込むが追加点はならず。

1点ビハインドで後半を迎えると、47分にDFラウがベナテッリのFKを頭で押し込み、1点差に迫る。しかし1分後には、そのラウのオウンゴールで再びリードを2点とされると、56分にシュティーバーに追加点を挙げられ、86分にはフュルクルークにこの日4ゴール目を決められ、2-6で完敗した。