アーレンは2試合ぶり白星

ブンデスリーガ2部第13節初日は11月1日に各地で3試合が行われ、MFのボーフムは敵地でコトブスを下し、6試合ぶりに勝った。田坂はフル出場した。FWが所属するアーレンは本拠でデュッセルドルフと対戦し、1-0で2試合ぶりの勝利を挙げた。阿部はベンチ入りしたが出場機会はなかった。

コトブス 0-1 ボーフム


この試合の公式データへ

第12節では上位カイザースラウテルン相手の引き分けによって連敗を4でストップしたボーフム。前節終了時点で順位の並ぶコトブスとの対戦を制し、少しでも浮上を目指したいところだ。試合はまず、ボーフムが押し気味に進めるが、コトブスも18分、20分と立て続けにビッグチャンスを迎えるが、得点はならない。先制は37分、ボーフムFWズクーターパスーが右サイドからのクロスを押し込み1-0とする。後半はどちらもミスが続き、なかなか好機を作り出せない。しかし最後までリードを守り切ったボーフムが、6試合ぶりの勝利を飾った。


アーレン 1-0 デュッセルドルフ


この試合の公式データへ

まず攻勢に出たのはデュッセルドルフだったが、アーレンは23分、エースFWレヒライターのゴールで先制点を奪う。これで勢いに乗ると、前半をリードしたまま折り返す。後半は前へ出られず効果的な攻撃をしかけることができないが、固いディフェンスで1点を守り切ると、2戦ぶり勝利となった。