メンヘングラートバッハに1-4、乾は途中出場

ブンデスリーガ第10節最終日は10月27日、各地で2試合が行われ、ハンブルガーSVが敵地でフライブルクを3-0で下したほか、日本代表MFのアイントラハト・フランクフルトは敵地でメンヘングラートバッハに完敗を喫した。乾は67分からバルネッタに代わって途中出場した。


メンヘングラートバッハ 4-1 フランクフルト


この試合の公式データへ

ここ4戦引き分けが続いているフランクフルトはそろそろ勝ち点3を獲得したいところだが、この試合ではメンヘングラートバッハの速い攻撃に翻ろうされた。11分、フランクフルトはFKからアランゴに直接決められると序盤での先制を許す。しかしその4分後には同点に追いつく。マイヤーがペナルティエリア右からファーサイドのカドレツへクロスを送ると、グラートバッハGKテアステーゲンがカドレツと交錯。こぼれたボールをアイクナーが流し込んで1-1とした。ところが18分にはウェントに決められ、再びリードを許す。ここから均衡した展開となるが、追加点は生まれず1点ビハインドで折り返す。

後半、なんとか追いつきたいフランクフルトだったが逆に立て続けに失点する。60分、ペナルティエリア左へ抜けたヘアマンに決められると1-3。66分にもラファエルにゴールを許し1-4とされる。フェー監督は直後の67分、バルネッタに代えて乾を、79分にはマイヤーに代えてラキッチを投入し打開を図るが点差を詰めることはできず、5試合ぶりの勝利はならなかった。


フライブルク 0-3 ハンブルガーSV


この試合の公式データへ

監督交代から2試合目となるハンブルクが、3発快勝で今季3勝目を挙げた。まずは37分、フライブルクGKバウマンのミスを見逃さなかったバイスターがボールを押し込むと、先制に成功する。47分には再びバウマンのミスから、ラソッガがゴールで2-0とリードを広げる。さらに63分、近距離からバイスターがシュートを放つと、この処理をまたもやバウマンが誤り、こぼれ球をファンデアファートが押し込んで3-0とし、試合が完全に決まった。