ビーレフェルト下し3戦ぶり勝利

ブンデスリーガ2部第11節初日は10月18日に各地で3試合が行われ、FWのアーレンは本拠でビーレフェルトを下し、3戦ぶりの勝利を挙げた。阿部はベンチ入りしたが出場機会はなかった。

アーレン 3-0 ビーレフェルト


この試合の公式データへ

連敗中のアーレンはホームのこの試合、なんとしても勝ち点3を獲得したいところ。昨季クラブ史上初めて2部昇格を果たしてからは、先制した試合は負け知らず。この日も立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛けると8分、右サイドを抜けたクラウスがペナルティエリア内から好機をつかむ。シュートは惜しくもサイドネットに突き刺さるが、勢いに乗った攻撃を展開していく。しかし20分過ぎからはビーレフェルトもポストをかすめるロングシュートなど惜しいシーンを迎えるが、どちらも無得点のまま前半を折り返す。

後半はどちらも譲らぬ展開となるが、アーレンは堅い守りで得点を許さない。60分にはクラウスがペナルティエリアの外からゴールを狙っていく。これはわずかにバーを越えるも、直後の61分、待望の先制点が生まれる。ゴール前のクロスに合わせ滑り込んだホーフマンが、ファーへ流し込んで1-0。さらに70分にユングラス、81分にレヒライターのゴールで追加点を挙げると、そのまま逃げ切り連敗を2でストップした。