第9節ホッフェンハイム対レーバークーゼン

ブンデスリーガ第9節は10月18日、ホッフェンハイムレーバークーゼンの一戦で幕を開ける。

ホッフェンハイム 対 レーバークーゼン


敵地での試合に臨むレーバークーゼンは、勝てば少なくともバイエルンドルトムントが登場する翌日までは暫定首位となる。前回トップ浮上を果たしたのは2009/10シーズンになる。あくまでも一時的な順位とはいえ頂上へのモチベーションは高いだろう。前節ではバイエルン相手に引き分けに持ち込んでおり、その実力は折り紙つきだ。

攻撃の核となるのは、言わずと知れた昨季得点王のFWキースリング。対ホッフェンハイムでは9戦で5ゴールを挙げている。さらに今季絶好調のMFサムは、リーグ戦、DFB杯そしてチャンピオンズリーグでチームが挙げた30得点のうち16ゴールに関与する活躍ぶりをみせている。対戦相手にとっては、この2人を抑えられるかどうかが勝利へのカギとなる。

対するホッフェンハイムは今季2勝4分2敗と、引き分けが多いのが特徴だ。上位メンヘングラートバッハに勝利、強豪シャルケと引き分けなど、調子はまずまず。8試合で20得点20失点とゴールを量産している。特に目立った活躍をみせるのがMFフィルミーノ。今シーズン公式戦(ブンデスリーガ、DFB杯)ではチームが挙げた32ゴール中15得点に絡み、その卓越した決定力による貢献度は高い。しかしレーバークーゼンは10戦して9敗1分と苦手な相手。平均23.4歳とリーグ最年少のチームは、若さと勢いで強敵に立ち向かいたい。

地力ではレーバークーゼンが勝ることは否めないが、大量得点による見応えある試合となる可能性は高い。