今シーズンは第8節までに1試合平均3.3ゴール

今季のブンデスリーガはいつになくゴール量産の試合が多い。第8節を終えて計238得点、1試合平均3.3ゴールは過去19年で最高かつ、イングランド、スペイン、イタリアリーグを上回る数字だ。近年のドイツサッカーは守備的から攻撃的なスタイルに変化した。高いディフェンスラインによってカウンターを受けやすくなり、大量得点につながっていると考えられる。そこで、今シーズンのゴールに関連したデータを図で紹介する。