集中治療のためミュンヘンに滞在中

日本代表DFが所属するシャルケは10月11日、左ひざを負傷したMFケビンプリンス・ボアテングが集中治療のためミュンヘンに滞在していることを明らかにした。

ボアテングは今月5日のアウクスブルク戦に先発したが、負傷交代していた。ミュンヘンでの治療効果はすでに表れてきているというが、次節ブラウンシュバイク戦で復帰できるかは定かではない。