第8節フライブルク戦インタビュー

日本代表MFの所属するアイントラハト・フランクフルトは第8節、敵地でフライブルクと引き分けた。前半からフライブルクにペースを握られるも、オウンゴールというラッキーな展開で先制に成功。しかし86分にセットプレーから失点すると勝ち越し点を奪うことはできなかった。リーグでは今季これで2勝3敗3分。マイヤーやシュベークラーといった主力の長期離脱も響き、昨季のような勢いはみられず不振に陥っている。この試合が3戦ぶりの先発となった乾は、左MFで90分間プレー。しかし試合後のインタビューは納得のいかない表情をみせた。


――きょうの結果は?

相手のほうがボールポゼッションとかは良かったのかなと思いますし。こっちはラッキーな形で点が入って、まあ勝ち切れれば一番良かったと思うけど。もっと自分たちのゲーム運びをしないといけないのかなと思います。

――勝ち切れてない理由は?

まあ最後のところのセットプレーでね、入れられてしまったので。そういうところはみんなで修正していかないといけないですね。

――個人的にも久しぶりのフル出場だが。

まあフル出場はしましたけど、全然ボールに触ってないし、特に何もしてないんで悔しいですけど。

――最近先発を外れていたがコンディションは?

いや全然問題なかったんですけど、何が理由か分かんないですけど外されてました。

――監督から何も話はない?

話はなかったですよ。

――きょうはその悔しい思いもあってか気迫が出ていて、攻守でガツガツ行っていた。

行け行けって言われていたので。久々やったし、みんなは連戦でやってる中での自分はヨーロッパカップも出てないですし、元気な部分はあったので走ろうとは思ってました。

――こういう場面で一発決めて定位置獲得というイメージで試合に入った?

そうですね、結果を出せれば一番良かったですけど。そういうのが本当についてきてないので、まあ力不足も感じますし。ボールを全然呼び込めてないので腹立たしいという思いもありますし、もっとボール触れるようにしたいです。

――チームとしてはヨーロッパリーグでは調子いいけど、リーグではそうではなくて。

まあ相手が弱いんでね、ヨーロッパリーグは。ヨーロッパリーグでいまは結果が出てるってなりますけど、いいサッカーができてるとは思えないし。もっと昨年みたいにアグレッシブにいかなきゃいけないのかとは思いますけど。

――守りに入っている感じがある?

どうなんですかね・・・。

――結果が出てないせいで気負いとか?

気負いというか・・・どうなんですかね。いまいち分かんないですけど。まあ最後の部分が結局決め切れてないところと、決められてしまうところがいまはあるので、勝ち切れないのかなと思います。

――チームの心理状況は?

きょうは追いつかれてしまったので、結構悪いですけど、フラストレーションがたまってるというか、リーグで勝ててないので。まあヨーロッパリーグでは勝ってますけど、それはあまり関係ないみたいで。

フライブルク対フランクフルトの試合記事へ