田坂は途中出場、石原はベンチ入りも出場機会なし

ブンデスリーガ2部第10節3日目は10月6日、各地で3試合が行われた。


ボーフム 0-1 インゴルシュタット


この試合の公式データへ

MFが所属するボーフムはホームで新監督を迎えたばかりのインゴルシュタットと対戦、0-1で敗れ、連敗を喫した。田坂は62分から左MFで途中出場した。

ボーフムは守護神ルーテが、前節ザントハウゼン戦でのレッドカードにより2試合の出場停止。攻撃陣も一部メンバーを入れ替えてこの一戦に臨んだ。 前半はボーフムが主導権を握るものの、なかなかゴール前へ迫ることができない。インゴルシュタットは押されながらも24分、35分と絶好機を迎える。

0-0で迎えた後半は徐々にペースがインゴルシュタットへ傾き始め、49分、57分にチャンスを作り出す。ボーフムのノイルーラー監督は攻撃のバリエーションに期待をかけ、ここでチュビエロング、田坂のコンビを投入。しかし大きく流れを変えるには至らず、78分には逆に先制を許す。その3分後にはインゴルシュタットFWホーフマンが2枚目のイエローで退場となるが、数的優位を生かせないボーフムは無得点に終わり、連敗となった。


FSVフランクフルト 3-1 アウエ


この試合の公式データへ

DFのアウエは、敵地でFSVフランクフルトに敗れた。石原はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

前節カールスルーエに3-0で快勝し、連敗を3でストップしたアウエだったが、この日は30分までに3点を奪われるなど絶不調。エースFWジルベストルも不発に終わり、ゲッツ監督は後半から攻撃の2選手を入れ替えたが、後半74分に1点を返すのがやっと。前半の大量失点が響き、敗戦を喫した。