ドルトムントは9月28日、DFが左太ももの肉離れで3週間離脱すると発表した。

シュメルツァーはこの負傷ですでに24日のDFB杯2回戦1860ミュンヘン戦を欠場。その後チーム練習に復帰していたが、27日の練習で再び負傷した。