オランダ代表前監督の61歳

ハンブルガーSVは9月23日、新監督にオランダ代表前監督のベルト・ファンマルワイク氏(61)が就任したことを発表した。契約は2015年まで。25日(水)に公式会見が行われる。

スポーツディレクターのオリバー・クロイツァー氏は「経験豊富で、その手腕を数々の舞台で証明してきたベルト・ファンマルワイク氏を新監督に迎えられ、非常にうれしく思う」とよろこんでいる。

ハンブルクは17日にトーステン・フィンク前監督を解雇。その後継となったファンマルワイク氏は2004年~2006年までドルトムントの監督を務めており、ブンデスリーガにも精通している。2008年~2012年まではオランダ代表監督としてその手腕を発揮した。